介護事業の経験 - さいたま市 与野にある保育園・託児所

保育ルーム Kanon(カノン)

日記・ブログ

介護事業の経験

私は、以前は介護業界で仕事をしていました。
介護保険制度が2000年4月に発足し、民間業者が挙って参入していきました。
その中の、M電工介護事業部に所属し、
介護ショップの経営サポートを7年間勤めてまいりました。
介護業界の現場は、ケアマネジメント機能の低下や民間事業者の参入障壁、
介護施設の供給不足など、介護サービスの質・量両面に問題点が顕在化していました。
介護保険の目的は、高齢者ができる限り住み慣れた家庭、地域において、
その有する能力に応じていきいきと自立した生活を営むことができるよう、
必要なサービスを社会的に提供し、保健医療の向上及び福祉の増進をはかることにある。とありますが、多くの現場は理想とはかけ離れています
介護に疲れ切った家族、「早く死にたい、長生きするもんじゃない」
そして、儲け主義に奔る経営者と福祉を全うしたい現場スタッフとのギャップ。
介護報酬の不正で大企業Kが摘発されたのは大きな社会問題になりました。

002
送別会の様子(後ろの列向かって左から3番目が私(神代)です)

立ちはだかる矛盾・障壁

役立ちとは

保育業界参入を決意

自らの子育て体験

保育目標達成のために

終わりに

この記事を共有する

右脳教育の保育園をお探しの方へ

さいたま市,与野駅の保育園

0歳からの右脳教育 3才から読み・書き・計算 与野駅より徒歩2分 怒らない保育 褒める保育

保育ルーム カノンの入園案内

月極保育料金